劇団花さつき
  設立の経緯
    2004年、映画「うもれ木」が鈴鹿市のNTT研修センター跡を拠点として撮影されました。
    監督は、カンヌ映画祭グランプリ受賞の小栗公平監督です。
    鈴鹿市で、映画が撮影されるのは、はじめてのことで、多くのボランティアが映画つくりの
    手伝いに参加しました。
    
    2005年6月の映画の公開後もいろいろと活動をしてきましたが、2006年の3月に
    「うもれ木支援の会」が解散後、参加していたボランティアの一部の人が中心になって、
    民話の紙芝居や演劇の手伝い、映画の鑑賞会などをしながら、劇団つくりへの準備を
    すすめ、2007年7月15日に旗揚げ公演を開催できる運びとなりました。

    十五分ぐらいのショート演劇や紙芝居などを施設を中心に、活動しています。
    あくまで、お芝居や映画が好きな素人の集団ですので、「楽しく」が基本になります。

  活動拠点
     白子地区を拠点として、練習や活動をしています。
     現在は、毎週土曜日19時〜21時に練習しています。

  団員募集中
     現在、一緒に演劇を楽しんでいただける仲間を募集しています。
     経験は、問いません。明るく楽しめる方募集。ぜひ一度お問い合わせください。

  問い合わせ
     劇団花さつき 代表 長谷川まで
     電話 059-386−3966


活動 内容
2010年1月31日
 公演予定
 石薬師高校との共演
  日時:2010年 1月31日
  会場:鈴鹿市ふれあいホール
  13時会場
  入場無料
  「ふぁみれす」 石薬師高校演劇部 13:30〜13:45
  「コーラス」   たんぽぽ       13:50〜14:20
  「ぶす」     劇団花さつき     14:40〜14:50
  「厩火事」    劇団花さつき     15:10〜15:30
  2008年11月
   第3回公演予定
  2008年5月17日
   慰問公演予定
  2008年2月17日
   第2回公演
  「縁談十五分前」を再演
  今回は、高校演劇部との2本立て
  公演でした
  詳細な案内はこちら  
  2007年9月2日
     旗揚公演
  白子公民館57周年祭
      題目「縁談十五分前」

    
  初めての長編演劇に戸惑いながらも
  一生懸命に練習しています。

  公演が大盛況のなか開催できました
    公演内容の様子はこちら

           練習風景