無農薬・無化学肥料の野菜の価格比較
一般的な価格とうちの価格の比較
トップに
戻る
小売店の販売価格
の推測
 有機栽培の野菜や特別栽培(農薬・化学肥料を50%以上削減)の野菜は小売
 店では、一般の野菜に比べてかなり高く売られている事が多いです。
 なぜでしょう?
 1.無農薬でつくろうとすると、病気や害虫で収量が少なくなるため農家の単価が
   高くなるため。 
   しかし、農家の手取りとしては、あまり高くはなりません。
 2.特殊な野菜のため、流通に多くの業者を経由するため、中間の経費が高くなる
   場合。
 3.小売店の販売において、単価が高いためロスが多くなり、値入が高くなる場合。
 など、
 
 実際には、農家の手取りはあまり高くなくても小売価格はかなり高くなって
 いる場合が多いです。
もりた農園の価格の
理由

 別ページに記載したように経費から計算した価格が、うちの価格になります。
 無農薬栽培により作物の被害が多い場合は、その分高くなりますが、うちでは無
 農薬・無化学肥料で栽培していても、一般の栽培と比べて収穫量がそれほど落ち
 ないので、経費から計算した価格が基本になります。

 ただ、無農薬栽培でも被害を少なくするためには、それなりの工夫が必要になり
 ます。また、適時に対策をとることが必要になります。それをすることで大きな減収
 を逃れています。(今のところ、うまくできてます)

 それと、直接販売や直接納品いう販売形態をとることにより途中に業者がはいら
 ないことで価格が高くならないようにしています。