移植栽培について

栽培方法
に戻る

  ほうれん草・小松菜・ルッコラなどの場合は、一般に畝に直接、種を蒔く方法で栽培されて
  います。
  移植して栽培する方法は、現在のところ全体の1割以下と思われます。
  それは、移植作業の手間が大きな問題と考えます。が、自分の方法は、床置きなので手間
  がかからず、その他のメリットを考えると有利であると考え、行っています。
ポットに種を蒔きます。
土が発芽しやすい育苗用なので
発芽揃いが良くなります。
また、発根促進などの資材が、効
果的に使用でき少量ですみます
育苗中は、場所が狭いので良く
目が届き、水やりも簡単です。

移植作業
直蒔きと比べて余分な作業ですが
生育の揃った苗を植えることができ
ます。虫食い苗も除けます。
防虫の一つの方法です。
栽培中の水やりも簡単
ポットの高さがあるので根ぐされしに
くく、多めに水がやれます。
また、ポットの高さで葉への泥跳ねが
少なく、病気対策と汚れ防止になります。
自分の野菜は、出荷時に洗っていませ
ん。それでも、綺麗です
収獲が簡単
収獲時にポットを持って採るので茎が
折れずに収獲ができます。早朝は、鮮
度が良いため触っただけで、折れてし
まいますので大助かりです。
移植栽培についは現代農業にも掲載
されました。
栽培方法のお問合せは、メールでお願いします。
詳細(栽培ノウハウ)につきましては、有料で情報
提供させていただいております。