ほうれん草・小松菜・ルッコラ
無農薬で栽培するための工夫
移植栽培
の詳細
各種野菜の
栽培方法
作業の
様子
栽培期間中は、農薬・化学肥料を使わず栽培しています。
  
(天敵の使用及び種子会社の消毒は処理されております)
 虫対策
  雨よけビニールハウス(防虫ネット)

  虫よけには、まず虫の入らないようにすることが 
  もっとも大切とと考えています。
  サイド・天窓にもネットを張っています。
 
  虫対策
   フライトラップの使用

   虫の好きな光で虫を集めて、粘着シートで捕まえ
   ます。
 
  虫対策・草対策
   
移植栽培(独自の床置きポット)

    移植栽培をすることで、草が芽を出す頃には野菜
    の葉が大きくなっているので草が生長しません。
    根切り虫など、被害が発生したポットの中を探すと
    虫がいる場合が多いので、退治しやすい。
  病気対策
   残根の回収

    収獲したときのポットに残っている根を回収す
    ることで病気の元を取り除きます。
   輪作(作物の作る場所を変える)
    トマトやおくらなどは、同じ場所で続けて作る 
    と病気が出やすくなります。そこで、ハウスを
    1/3づつに分けて、同じ場所では3年に一度
    しか作らないようにしています。