市議会議員選挙報告  2007.4.22投票 前のページ
  選挙の結果は、804.752票で落選いたしました。
  私に投票していただいた方の思いを受けて、議会で活動できないことは非常に残念です。
  申し訳ありませんでした。
  
  ただ、選挙に立候補しようときめて落選するまでの期間に、本当に多くのことを感じましたし、
  すべきことが明確になりました。
  自分自身の経験や知識がすこしでも、役にたてればと考えての立候補でしたので、今後は、
  議員でなくても、一市民としてできることを実行しようと考えています。
  それが投票していただいた票にたいする責任でもありますし、また私自身の明確な目標に
  なりました。また、活力にもなりました。
  HP等で紹介やPRをしていきますので、時々でもご覧いただければと思います。
  今回の選挙で使った費用の内容を報告いたします。
項目 金額 内容
      会場費      12,000円  演説会場(1会場)借上げ費用
      交通費       4,113円  選挙期間中の移動ガソリン費用
      印刷費      34,125円  選挙ハガキ印刷費用
    150,045円  選挙ポスター印刷費用
      広告費      16,900円  看板、タスキ、ハンドマイク費用
      文具費       7,390円  ポスター用両面テープ、プリンターインク費用
       .雑費       5,420円  写真、電池、他 費用
        合計    229,993円

  鈴鹿市では、選挙運動用自動車の使用及び選挙運動用ポスターの作成にかかる費用のうち、
  一定の条件の範囲内で公費をもって負担してもらえます。
  この制度は、お金のかからない選挙を実現することによって、公正な選挙が行われるように
  するための制度とのことです。

  ちなみに、今回の選挙の場合は、
    選挙運動用自動車使用の公費負担の限度額は、 451.500円でした。
    選挙運動用ポスター作成の公費負担の限度額は、.473,424円でした。(1枚1,409円)

  私の場合、徒歩での運動をしましたので選挙運動用の自動車の公費負担は申請しませんでした。
  選挙運動用ポスターは、少し余分に作成したために150,045円かかりましたが、公約のとうりに
  公費負担の申請はせずに、全額自費で払いました。
  公費負担でありながら、1枚あたりの単価の高さ(自分の単価の約3倍)に疑問を感じたことと、
  自分の為に使う選挙費用に対して、公費が負担されることは、適正でないと判断いたしました。
  
  選挙に落選しましたので、説得力はありませんが、あまりお金をかけない(約23万円)選挙は
  実践できました。
   513-0818     
鈴鹿市安塚町793
森田 英治
2007.6.7報告