農業をはじめようと考えている方へ
自分の体験より
トップに
戻る
のページを作成しようと思ったのは、自分の経験や考えたことを紹介することで
農業を始めようと検討されている方の少しでも参考になればと思い記入しました。

  農業に従事されている方には、色々な考え方があると思いますし、いろいろな方法があると思います。
  しかし、良い方法で栽培されている他の農家の事はほとんど知ることができません。
  また、その内容を教えてもらえる機会はほとんどありません。
  自分は5年前に、農業をやろうと考え検討を始めましたが資料が少なく本当に困った経験があります。
  5年前の鈴鹿市の農業普及所は、資金のことを説明するだけで何の役にも立ちませんでした。(聞いた
  担当が悪かったのか・・・・最近はかなりよくなったようですが)

  そこで、図書館に通い農業に関する本(栽培方法、土壌菌、輪作、資材など)をあるだけ目を通しました。
  最初、理解できたのは栽培方法など簡単なことだけでしたが、栽培を始めて1年後ぐらいからいろいろと
  気づいたときに読み返してみて少しずつ理解できるようになりました。
  非常に大切なことが、最初は見落としているんですが、まず読んでおくことが大切です。
農業で、食べていける?
  自分のやっている栽培の内容で考えた場合は、かなり厳しい状況です。
  40歳で農業を始めた自分の場合、子供を育てていく費用を考えると大変です。ほんと・・・・
  さらに、設備を購入するのに借金しなければならない場合は、より厳しくなります。
  自分の場合は、最初の3年間は時給にしたら200〜300円ぐらい?かな
  4年目からすこしメドがたってきだしました。
  2年間は、収入がないつもりでいたほうが良いと思います。
  最初から、儲けようと考えてムリすると、しっかり見ることもできなくて仕事に追われ、失敗も大きくなり
  嫌になる可能性が高くなると思います。
  最初の2年間は、学校に行って勉強しているつもりになれば無収入でもいいのでは。
  ムリをしないで、いろいろと実験してみると本当にいい勉強になりました。

  こんな内容でも、検討したいと考えられる方は、メールでお問い合わせください。
  簡単にですが、質問にお答えさせていただきます。
  

  自分が考えるには、子供が自立してからの50歳以降(早期退職)しての農業は、好きであれば
  面白いと思います
自分の考える農業の今後
  政府は、農業の大型化を進めています。担い手に補助金を集中する方針であるらしい。

  本当に、大型化することが輸入に対する対策なのでしょうか?
     日本が大型化してもアメリカの規模の何十分の1以下・・・コンバインの隣で10トントラックが
     走りながら収穫しているアメリカに対抗できるのでしょうか?
    大型化していく反面、面積の小さい田んぼは、捨てられはじめて、荒廃が始まっています。
     食料自給率40%以下の現在、海外から買い付けて飽食の日本ですが・・・大丈夫?
  中国の脅威
     中国は日本の10倍の人口がいます。食料輸出国から輸入国にかわりはじめました。
     100%から90%になれば、日本の食糧分と同じ量の不足になります。
     ここ、数年の中国の成長を考えると、本当の今後も日本に食料が入ってくるのでしょうか?
  日本は小さい田んぼをすてるべきでない
     上記を考えても耕作地の荒廃は大問題である。
     小さい耕作地活かす方法を考えるべきではないでしょうか?
     小さい面積でも生活できる方法はないか?自分は、それを考えて農業をしています。

  5年前に、農業を始めるとき「10年後には、食料難になる可能性がある」と考えました。
  5年たった今、あと5年で食料難になる可能性は?ですが・・・
  今から10年先は・・・・・・・どう考えられますか?

  今は、生活できるように収穫量より売れる野菜を考えてつくってますが、同時に成育の早い野菜、
  大きくなる野菜、栄養価の高い野菜を考えてます。
  輸入ができなくなったときに、少しでも多く供給できるように。「日本の食を担う農業です」
農業を始める場合の手順
  1.まず地域の農業普及センターに相談
  2.図書館で本を調べる
  3.インターネットで徹底的に調べる
  4.HPを持っている農家に問い合わせる。見学に行く。
  5.作る野菜を決めて採算計画を練る
  6.採算計画にあう販売先を考える
  7.無理がないか考える
  8.無理な計画でないか相談する
  9.資金計画
  こんな順序と思います。