オクラの栽培 
2005年栽培記録
トップに
戻る
   オクラは、路地で栽培されているものが多いですが、森田農園では雨よけハウスの中で
   栽培しています。雨・風が防げるので柔らかいおくらが栽培できます。また、他の野菜と
   同様に無農薬で栽培し、朝採りの新鮮なおくらをお届けしています。
  オクラの発芽の様子です。
  本葉が出てきました。
  定植した様子です。
  時期が早すぎるとアブラムシの被害で全滅になります
  実をつけだしたオクラ 
  オクラの花です。
  最初のほうの花は白めですが、だんだんクリーム
  色がでてきます。
  朝から咲き出して、だいたい昼過ぎにはしぼみます。
  収穫の終わりのオクラ
  2m以上に伸びています。
  10月30日で最後のオクラの木を処分しました。
  今年は、冠水もありましたが、よく持ちこたえて
  しっかり実をつけてくれました。
  オクラの木を途中で切断した根元の部分
  縛って、市の処理施設にもって行きます。
  経費はかかりますが、燃やすわけにもいき
  ませんので。
  収穫したオクラです
  大きくても、硬くなく筋もほとんとありません。
  味に鮮度の差がはっきり出ます。