2004年度トマト・ミニトマトの生育状況
無農薬で栽培しています
トップに
戻る
  一般に販売されているトマトの多くは、接木されています。接木とは、茎から上はトマトを使い
  ますが、茎の下から根は別の植物(トマトより強い)を使用しています。
  接木することで、病気に強くなり収量も増えます。
  しかし、やはり本当のトマトの味なのか?という思いがあり、自分は、そのままのトマトの根
  (自根)を使った栽培をしています。
  そこで種まきからの成育状況を写真を中心に報告することにしました。
トマトの種まきからの生育までの状況です
 5月25日
 ずいぶん、時間がたってしまいました。本日、トマトの初収穫でした。
 15個でしたが、本当に嬉しいです。
  5月11日
  ここ数日、天気が悪くトマトの脇芽が
  取れなかったのでずいぶん太くなっていましたが、今日とりました。
  さらに、ピカコー(海草抽出エキス)を葉面散布しました。
  5月10日
  トマトがかなり大きくなりました。
  3段目も実が付きだしてます。
  あと2週間ぐらいで食べられるかな?
  4月17日
  2段目の花房が咲き出しまし、マルハナ蜂が受粉を始めました
  4月16日
  最初に定植した大玉トマト(桃太郎8)が実を付けだしました
  4月12日
  東ー1列 誘引
  マルハナ蜂が受粉活動をしっかり始めました。
  ミニトマトが着実しました。
  4月8日
  3日にきたマルハナ蜂の活動が鈍く、花に飛んでいかないので、交換してもらいました。
  今日来た蜂は、良く飛んでいますので、一安心です。
  4月6日
  1月12日・14日まきのトマト
  ほとんど定植しました。
  品種は桃太郎8
  4月3日
  マルハナ蜂を導入しました
  大玉トマトは着果しにくく、成長ホルモンをかけたり、マルハナ蜂を
  使ったりしてます
  3月28日
  ミニトマトの一部、定植
  トマトもすこし花が開いてきた
  3月14日
  つぼみが見え出しました。
  茎もしっかりしていて良い苗です。
  3月10日
  随分と育ちました。
  ほんと、元気です
  鉢あげしました。
  1月12日まき
  発芽しました